2010年10月25日

64GBのSSDを購入

Electri6ity を買って以来、ただでさえそんなに速くはなかったプロジェクトの読み込みや音色の読み込みが更に遅くなり DAW を開くのさえ面倒になってきていたので、思い切って CSSD-SM64WJ3 を買った(注文当時 Amazon に在庫がなかったのでツクモで注文したけど今はある模様)。
3.5インチベイ取り付け用の金具を買っていないので PC ケースが開けっ放しな上に SSD を PC の上に置きっぱなしという中途半端な状態ながら早速使用開始。

フォーマットにあたっては遅いと思われる GPT + NTFS を先に試してみた。
そもそも作曲用の音源を入れっぱなしにするために買ったのでジャーナリングなどは必要ないはずなのだが、取りあえず CrysitalDiskMark で 512K ランダムリードだけテストして、すぐ MBR + exFAT でフォーマットしなおした。
GPT + NTFS で 170 前後、MBR + exFAT で 190 前後のスコアを出していたのでまあまあ予想通りな感じ。

フォーマットが済んだので入れるデータを選ぶのだが、Electri6ity を入れてもまだ余裕があるので、KOMPLETE7 についてきた音源のうち使用頻度が高そうで HDD への負担が高そうなものを選んでコピーした。

Electri6ity 26.2GB
Abbey Road 60s Drums Library 6.32GB
Scarbee MM-Bass 2.96GB
New York Concert Grand 2.70GB
Vienna Concert Grand 3.12GB
Berlin Concert Grand 2.77GB
Upright Piano 2.55GB

ここまでで残り容量が約 13GB ぐらいになっていたので、ついでに Battery3 のライブラリのデータも 12GB 弱ぐらいなので入れようと思ったら Battery3 はサンプルごとにファイルが分かれていてコピーに恐ろしく時間が掛かるようなので結局諦めた。
本当は KONTAKT4 のライブラリも入れたかったけどこれは容量オーバーになるので諦め。

準備も終わったので DAW を立ち上げて以前作りかけで投げ出していたプロジェクトを開いてみたら速い速い。しかも今までは Electri6ity を使ってるプロジェクトは読み込み終わったあとも何度か再生しないと発音が安定しなかったのに、その問題も解決した。

まあいくら道具がよくなっても使う人間がレベルアップしないと意味がない。でも SSD オススメです。
Clip to Evernote