2013年4月4日

Android + docomo MVNO データ通信専用 SIM のセルスタンバイ&アンテナピクト問題対策 Xposed モジュール

English

docomo MVNO データ通信専用 SIM でアンテナピクトが立たない件の話。

Android 4.2.1 で公式に修正された手法を voice_capable の内容に関わらず行い、更に緊急通報のみのフラグを消すパッチをこの記事を参考に Xposed モジュールにしてみました。

今までのやり方との違い

  • 母艦不要
  • 簡単に無効化できる
  • 書き換え方が前よりいい
    (以前のパッチで失敗していた環境で動くかも)
  • SIM なしでも問題が起こらない
  • odexed/deodexed 両対応
  • 環境によっては上手くいかないこともある(MIUI とか)
  • 相変わらず root は必要

使い方の簡単な説明

  1. latest.apk をインストール
  2. DocomoSimPatcherXXXXXXXX.apk をインストール
  3. Xposed Installer を起動して Install/Update ボタンを押す
  4. Modules タブに切り替えて docomo MVNO Dataonly-SIM Patcher の左にチェックを付ける
  5. 再起動する
再起動後は docomo MVNO Dataonly-SIM Patcher にちゃんとチェックが入っているか確認してください。
Xposed モジュールは便利ですが、このように幹線部分の動作ですら簡単に差し替えたりできてしまいます。
モジュールを入れる際はソースコードを読んだりするなどして細心の注意を払ってください。

補足
Android 4.3 限定ですが、DocomoSimPatcher をベースにデータ通信専用 SIM で元々は取得できていなかった Cell ID 取得ができるようになる修正を加えた Xposed モジュールとソースコードが下記の記事で公開されています。 
http://ryutaroh-yamashita.blogspot.jp/2013/12/simcell-id.html
Clip to Evernote